成分を調べる症状の改善目的

ワイルドガーリック


ニンニクに似た血液サラサラ野菜

和名:クマニンニク, ラムソン/英名:Bear's garlic

ワイルドガーリックとは?

ワイルドガーリックワイルドガーリックは、ヨーロッパとアジアを原産とするユリ科の植物です。三角形の茎と広い楕円形の葉を持ち、白色の花を咲かせます。強いニンニク臭が特徴的で、葉や球根は食用とされるだけでなく、下痢や腹痛を改善するために用いられることもあります。ニンニクに似た働きを持ちますが、ニンニクに比べると作用は弱いといわれています[1]

豊富なビタミンCで若々しい体づくりを

ワイルドガーリックにはアルデヒドやビタミンCが豊富に含まれています。ビタミンCは抗酸化作用を持ち、体を酸化させる原因となる活性酸素を取り除くことで病気や老化の防止に役立ちます。また、ビタミンCコラーゲンの合成に欠かせない栄養素で、丈夫な体や美しい肌をつくるためにも重要です。

血圧が気になる方にも

ワイルドガーリックは、血小板の働きを抑えたり血圧を低下させたりすることで、心疾患のリスクを減らす効果が期待されています。また、胃痛や消化不良、食欲減退といった消化器障害、さらに皮膚の発疹にも役立つとして研究が進められています。