ウォーキングでストレス解消しよう!ウォーキングの効果と方法
出典 : Brocreative/shutterstock.com

ウォーキングでストレス解消しよう!ウォーキングの効果と方法

    ダイエットだけじゃない! ウォーキングのさまざまな効果

    ダイエットだけじゃない! ウォーキングのさまざまな効果

    Brocreative/shutterstock.com

    皆さんは、ウォーキングといえばどのような効果があると思うでしょうか。多くの人がダイエットだと思っているでしょう。しかしウォーキングには、ダイエットのほかに骨の老化を防いだり、新陳代謝を上げたりするなどの効果があります。

    そんな中、今回注目するのがストレス解消の効果です。ウォーキングがストレス解消にどのような効果があるか、みてみましょう。

    ウォーキングは、ストレス解消に最適

    ウォーキングは、ストレス解消に最適

    file404/shutterstock.com

    ウォーキングはストレス解消に最適な運動です。では、なぜストレス解消に良いのでしょうか。その理由をみていきましょう。
    ウォーキングをすると、とても楽しい気分になる経験をした人も多いと思います。それはウォーキングによって脳に酸素が届いているためです。

    ウォーキングをすると、脳への酸素供給量が大幅にアップします。脳に酸素が行き届く量が少なくなると、集中力がなくなりイライラすることも多くなりますが、ウォーキングはそれを解消してくれるのです。

    また、30分程度ウォーキングを続けると、β-エンドルフィンが分泌されることがわかっています。β-エンドルフィンは落ち込んだ気分を癒し、ハイな状態にする効果があります。
    脳に酸素が行きわたり、β-エンドルフィンが分泌されることで、ストレス解消になるのです。

    ストレス解消ウォーキングは、フォームも大事

    ストレス解消ウォーキングは、フォームも大事

    REDPIXEL.PL/shutterstock.com

    ストレス解消のためのウォーキングの第一歩は、正しいフォームです。

    まず、背筋を伸ばしてしっかり立つことが基本です。顎は引いて目線は10~15mほど先を見るようにします。
    背筋は、肩の力を抜いて姿勢が正しくなるのを意識して伸ばします。肘はかるく曲げてあまり使わず、肩から腕を振るイメージです。膝はあまり曲げずに歩きます。

    正しいフォームができたら次は歩幅です。自分の身長から100cmを引いた数字が一般的な歩幅です。歩く前に一度測っておきましょう。また、足はかかとから着地し、つま先でけりだすようにしてかかとを地面から離します。

    緑の多い場所はストレス解消ウォーキングにおすすめ

    緑の多い場所はストレス解消ウォーキングにおすすめ

    WDG Photo/shutterstock.com

    ストレス解消におすすめのウォーキング場所は緑の多いところ。緑の多い景色を見ると、ホッとしますよね。緑を見ることで不安や興奮状態を緩和し、心拍数が回復したり、集中力が高まったりするという研究結果もあるそうです。

    また、光を浴びながら一定リズムで5分以上運動を行うと、気持ちを安定させる脳内物質「セロトニン」の分泌がアップすると言われています。日光を浴びながらウォーキングすることで、不安なことやストレスの軽減が期待できるのです。

    ウォーキングには、脳に酸素がいきわたり、β-エンドルフィンが分泌されることによるストレス解消の効果があります。また、日光を浴びながらの運動は、セロトニンの分泌を促して精神を安定させます。
    ストレスが溜まっている場合は、正しいフォームで効果的にウォーキングを行いましょう。